ついに白髪が・・・!助けて!白髪なんとかし隊!

白髪は何故生える?

ちらほらと白髪が出てくると、わかってはいても「そろそろ若くないのか…」とちょっと落ち込みます。
ですが若い人でも白髪を発見したという人がたくさんいるので、原因は色々ありそうです。
白髪なんとかし隊、原因を教えてください!

白髪は何故生える?

ではここから我々、白髪なんとかし隊が説明しよう!

原因その1・加齢

歳を重ねていくにつれて、様々な機能が低下していきます。
髪の毛もその一つで、髪を黒く見せるメラニン色素の生成が低下してしまうことで、白く見えてしまうんです。

原因その2・遺伝

白髪になりやすい体質というのが実際にあるようで、実は白髪になる原因のほとんどが遺伝ではないかと言われているそうです。
若くして白髪を発見したという人は特に、親のどちらか、もしくは両親がそうだった可能性が高いみたいですね。
一緒に暮らしているからこそ、生活習慣が同じで白髪になりやすい習慣になっている、とも考えられます。

原因その3・栄養不足、血液不足

無理なダイエットや偏った食生活をしていると、栄養不足になります。
すると髪の毛を黒くするミネラルや髪の毛の成分であるタンパク質が足りなくなり、白髪になってしまうんです。
また、特に女性の場合は月経や出産などで血液不足になりやすく、その結果、髪の毛への栄養が足りなくなって白髪になりやすいようですね。

原因その4・精神的ストレス

白髪があると「ストレスが多い」と言われる事もありますが、実際にストレスは白髪を引き起こします。
自律神経などに悪影響なストレスが毛根にも影響し、そのダメージで白髪になるようです。
また、ストレスによって血管が収縮することで血行不良も引き起こすので、健康な髪の毛が生えなくなるのも原因の一つです。
自分では気付いていなくても、体がストレスを感じ取っているんですね。

原因その5・病気の可能性

上記の原因が当てはまらないという場合、病気の可能性も疑った方がいいでしょう。
例えば甲状腺の病気やかいよう性大腸炎、吸収不良症候群などといった病気も白髪になる原因になっています。
尋常性白斑という病気も白髪を引き起こしますが、白斑ができた場所が白髪になったり円形脱毛症が治った時に白髪になっていた、というパターンもあるようです。
特に若白髪は胃腸疾患、貧血症という病気が考えられるようですが、どちらにしてもストレスや血液不足がここでも絡んでいるのがわかりますね。
こうした病気は内科に行って調べることができるので、急に白髪が増えたり若白髪が多いという人はぜひ一度診療に行きましょう。

トップページへ