ついに白髪が・・・!助けて!白髪なんとかし隊!

白髪染めいろいろ

白髪染めには色んな種類がありますよね。
どれを選べばいいのか迷うので、調べてみました。
教えてgooでも白髪染めで悩んでいる方の質問は多いみたいですね。
白髪なんとかし隊、白髪染めって何がちがうの?

白髪染めいろいろ

ではここから我々、白髪なんとかし隊が説明しよう!

普通のヘアカラーと白髪染めの違いとは

ヘアカラーの方が色展開が豊富なのでそちらを選びたくなりますが、白髪染めには使いにくいんです。
普通のヘアカラーは黒髪用に作られているので、白髪だとどうしてもキレイに染まりにくいというのが理由。
白髪が数本ある程度なら特に問題なく使えるようですが、そうでなければ、白髪用の方が自然でキレイに染められますよ。
ただし、やはりプロがするのとは違うため、色が落ちやすくなりがち。
髪質やダメージの状況などによっても、合った薬剤があるんですが、自分ではなかなかそこまで選べませんね。
なので、トリートメントなどで保湿を定期的にするようにしましょう。

白髪染め用ヘアカラー

白髪染め効果も持続性も高いので、よく売られているのがこのヘアカラーです。
普通のヘアカラー同様、一度髪の毛を脱色してから色を入れる、という仕組みになっています。
クリームタイプや乳液タイプなどがあるので、好みの物を選べますよ。

白髪染め用ヘアマニキュア

ヘアカラーと違い、脱色せず髪の毛の表面に色を定着させる仕組みのものです。
シャンプーするたびに落ちていくので何度もする必要がありますが、マニキュアという名前の通り髪の毛にツヤが出るのが特長。
仕組みは通常のヘアマニキュアと同じですが、やはり白髪染め用のほうが仕上がりは断然キレイですよ。

白髪染め用ヘアトリートメント

通常通りシャンプーの後にトリートメントをするようにして表面に色を定着させるタイプの白髪染めです。
好みの色になるまでに何日もする必要がある場合があり、使用頻度は多め。
髪の毛へのダメージはとても少ないので、カラーによる髪の毛へのダメージが気になる人にはオススメです。

白髪染め用部分染め

付属の小さめのクシで白髪が気になるところにだけ使えて、髪の毛全体へのダメージが特に少ないのが特長です。
普段白髪染めを全体にしている人も、これは気軽に使えます。

白髪染め用ヘナ

ヘナとは、熱帯地方に生える木の葉から採れる赤褐色の色素のこと。
天然成分なので、市販のカラー剤よりもダメージが少なく、特に白髪染めにはよく使われています。
ですがアレルギーになる人もいたり、黒く染めたい人用のブラックヘナは化学成分が含まれているので、敏感肌やアレルギーのある人は特に注意が必要です。

トップページへ